• News
  • Events
  • Investment

世界基準のインパクトスタートアップへ:Tokyo x Luxembourg Impact Catalyst Programの参加スタートアップ募集開始!

株式会社 Double Feather Partners及び合同会社Double Feather Ventures(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:武藤康平、以下「DFP」)は、インパクトスタートアップ支援事業「Tokyo x Luxembourg Impact Catalyst Program」の参加スタートアップの募集を開始しました!

欧州オルタナティブ投資ファンドの約80%以上が集約されているルクセンブルクは、欧州進出やイノベーションの戦略的ゲートウェイとなっており、近年においてはインパクト投資の分野においても世界をリードしています。SDGs達成に向けた取り組みや、環境・社会・ガバナンス(ESG)の観点からの投資判断を行うファンド・投資家も多く、優遇措置など規制環境も整っています。またEUでは世界に先駆けてインパクト投資など持続可能な金融に関する開示規制 SFDR (Sustainable Finance Disclosure Regulation)、持続可能な経済活動の分類EU Taxonomyを導入しており、欧州インパクト投資家からの資金調達や欧州進出を狙う日本のインパクトスタートはこれらの規制基準に適合できるよう準備をしておく必要があります。

そこで本プログラムでは、欧州インパクト投資家・ファンドからの資金調達や欧州進出を狙う日本のインパクト志向のスタートアップを対象に、インパクトの定義、KPI/PAIの特定・測定、SFDRやEU Taxonomyに関するワークショップとメンター支援を提供し、インパクト投資家からの資金調達能力向上を支援します。また欧州・日本のインパクト投資家とのネットワーキング、マッチング支援も現地視察、ロードショー(予定)などのイベントを通じて行います。本プログラムを通じて日本のインパクトスタートアップによる欧州市場へのアクセスとグローバルなインパクト拡大支援を目指します。インパクト投資にかかるコンサルティングにおいて傑出した実績を誇る日本、ルクセンブルクのエキスパートからの支援を通じて、インパクトスタートアップとして成長する道筋をより明確にして頂くことを目指します。

本事業は東京都のTokyo SUTEAM 協定事業に選出されています。

本プログラムの主要特典

  • インパクトの定義、KPIとPAI (Principle Adverse Impacts)の特定と測定に関するワークショップ及びメンターシップ提供
  • 欧州インパクト投資家からの資金調達を見据えたSFDR、EU Taxonomyなど規制基準適合に向けたワークショップ
  • 欧州、日本のインパクト投資家とのネットワーキング、マッチング支援

プログラムスケジュール・内容

  • 参加スタートアップ募集期間:5月中旬 – 6月28日まで
  • 審査面談・採択決定:6月28日(最大6社)
  • プログラム支援期間:採択日〜2025年3月(9ヶ月程度)
    • インパクト定義、KPI/PAIに関するワークショップ及びメンター支援
    • SFDR、EU Taxonomyに関するワークショップ
    • 欧州・日本のインパクト投資家とのネットワーキングイベント(ルクセンブルクへのミッションも企画中(海外渡航費は自己負担))

応募要

下記の条件を満たすインパクトスタートアップを募集しています。

  • 社会課題解決とビジネスの成長の両立を志向している。
  • 欧州及び日本のインパクト投資家からの資金調達を資本戦略に組み込んでいる。
  • 英語での交渉や書類対応できる体制にある、又は対応できる体制を構築する準備がある。
  • インパクト定義、KPI/PAIの特定・測定フレームワークの策定を主体的に自社で進めていく意欲があり、それらのために一定工数を本プログラム中に配分できる担当者を設けられる。
  • 1社あたり最大500万円の出資 (弊社投資委員会通過企業のみ。出資先企業には、プログラム参加および長期的なサポートフィーとして100万円をお支払いいただきます)

応募方法

下記し示す応募書類を作成し、指定のメールアドレス(tokyo.lux.impact@doublefeather.com)まで応募締切(6月28日)までに送信してください。

応募書類:

  • 社会的インパクトについて下記3項目についてそれぞれ各200字程度で回答(必須:様式自由、図表可)
    • 事業活動を通じて取り組んでいる社会課題や社会ビジョンについて
    • 社会的インパクト創出向けた今までの成果及び取組について
    • 組織運営におけるESGやサステナビリティに関する取組について
  • 投資家向けピッチ資料(必須:様式自由 – 英語が望ましいが日本語可。インパクト投資家向けに作成したものでなくても可)
  • 会社プロフィール・インパクトレポートなど参考資料(任意、様式自由)

お問合せ

株式会社 Double Feather Partners/Ventures担当事務局

Mail:tokyo.lux.impact@doublefeather.com

プログラムパートナー

[to be updated]

ルクセンブルク貿易投資事務所

ルセンブルク貿易投資事務所は、ルクセンブルクと日本との経済関係強化や貿易投資促進を目的として活動するルクセンブルク外務・対外通商省傘下の政府機関です。 “One Stop Shop”として、両国企業間のビジネスマッチングやネットワーキング支援、投資支援、経済情報を提供しています。特にICT、金融、環境技術、ライフサイエンス、宇宙分野での協力を推進し、両国の企業が国際市場で成功するためのサポートを行っています。 HP: https://www.investinluxembourg.jp/ja/ルクセンブルク貿易投資事務所(東京)

東京SU TEAM

東京都は、令和4年11月に「Global Innovation with STARTUPS」を策定し、「10x10x10(5年で、東京発ユニコーン数10倍、東京の起業数10倍、東京都の協働実践数10倍)」達成のため、東京が中心となって、挑戦者が希望を持って活躍できる社会の実現に向け、「異次元」のスタートアップ戦略の展開を図っています。多様な主体によるスタートアップ支援事業は、東京都と多様な支援者の連携による多彩なスタートアップ支援の展開とその支援者同士のネットワーク化をもって、東京のスタートアップ・エコシステムの強化、ひいてはスタートアップの創出と成⾧を促進することを目的としています。(https://tokyosuteam.metro.tokyo.lg.jp)