JICA主催ケニアNINJA アクセラレーションプログラム第1回Demo Dayにおいて、5社のスタートアップの魅力的なショーケース + 第2コホートの詳細についてもアナウンス

Sokowatch社、Kwara社、Cinch Markets社、Amitruck社、ZanaAfrica社のスタートアップ5社が、ケニアで開催されたNINJAアクセラレーションプログラムの1st Demo Dayにて魅力的なショーケースが行われた。このプログラムは、国際協力機構(JICA)の支援を受けており、アクセラレーションプログラム第1コホートとして 株式会社Double Feather Partners、デロイト トーマツベンチャーサポート株式会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、GrowthAfrica社が主導し開催された。9月から始まる第2コホートの詳細も明らかになった。

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、全てオンラインで実施されたケニアのスタートアップを対象とするNINJA アクセラレータープログラム第1回目Demo Dayでは、世界中から視聴者が参加し、スタートアップ5社がビジネスプレゼンテーションを行った。また、各スタートアップのバーチャルブースが設置され、参加者とのネットワーキングも行われた。

なお、第2コホートの募集期間は8月8日から9月5日までで、8月23日にはオンライン説明会が開催される。

ケニアNINJAアクセラレーションプログラムDemo Dayは、12週間に亘り実施されたアクセラレーションプログラム実施後に開催された。新型コロナウイルス感染拡大下における参加者の安全を優先し健康リスクを最小限に抑えるため、オンラインでのバーチャルイベントとして再設計された。

ZanaAfrica社のCEOであるMegan Mukuria氏は以下のように述べている。

「このアクセラレーションプログラムでは、各スタートアップの成長とピボットを促すための実践的なツールが提供され、今後のスケールに必要な様々な投資家と繋がる機会が提供された。VCから実際のフィードバックをもらい、新しい関係を築くことができた。当社は、月経管理というアンメットニーズ(260億ドル規模の産業)に対応した女性用衛生用品『Nia』を提供している。Niaは、ユーザーと生涯にわたる関係を築ける教育ツールであり、ユーザーがより健康的な生活を送るための支援をしていく。」

その他のスタートアップ企業には、電子商取引と物流のプラットフォームであるSokowatch社、貯蓄協同組合をデジタルバンクに変えるデジタルバンキングプラットフォームKwara社、小規模農家の農地を「モザイク農園*1」に集約し商業農業を行い、農家の収入源を増やすCinch Markets社、安全で透明性が高く便利なプラットフォームにより顧客とトラックドライバーをつなぐデジタルマーケットプレイスAmitruck社等がある。

JICA民間セクター開発部シニアディレクターの片井啓二氏は以下のように述べている。

「プログラム第1期が無事終了し、 JICAでは可能な限り、各参加企業の成長過程をフォローし支援していきたいと考えている。創業者たちは、ケニアの社会経済状況の改善に貢献しており、このような影響力のある起業家を支援することこそが、JICA主催NINJAプロジェクトの目的である。」

Double Feather Partners社CEOである武藤公平は以下のように述べている。

「新型コロナウイルス感染拡大の最中、ケニアでJICA初のアクセラレーションプログラムを実施するためには様々な調整が必要だったが、無事に第1期を終えることができたことには満足している。第1期生からのフィードバックを大切にし、今後のコホートに向けプログラムの質を高めていきたい。また、第1期の卒業生とはプログラム終了後も継続的に交流を続けたいと考えている。」

ケニアNINJA アクセラレータープログラムについて

ケニアNINJAアクセラレータープログラムは、国際協力機構(JICA)の支援を受け、Double Feather Partners社、Deloitte Tohmatsu Venture Support社、Deloitte Tohmatsu Financial Advisory社、GrowthAfrica社が実施する12週間のスタートアップ企業アクセラレーションプログラムである。

このプログラムは、ケニアにおける初期のポスト・レヴェニュー・ベンチャーの成長を促すことを目的としている。参加する起業家のニーズを満たすため、日本、そして世界のリソースから専門知識を結集するというユニークな形で行われている。このプログラムは、国際協力機構(JICA)が、新興国における起業家支援とビジネス・イノベーションの促進を目的として実施している「Project NINJA(Next INnovation with Japan)」の一環として行われている。

詳細はこちら: www.jica.ninja